9-03

新卒から就職して3年以内に離職

大卒の3割、高卒の5割、中卒の7割が新卒から就職した人で3年以内に離職しています。この様な人たちが早期離職し、フリーターやニートにその後転職への一歩が踏み出せずになってしまうようです。

うまく一度目の就職がいくとは限らないですし、うまく転職後の企業で、やっていける人もいると思いますので、転職活動にぜひ勇気を持って取り組んでもらえればと思います。企業の従業員にこの団塊の世代が占める割合というのは非常に高く、退職をこの人たちがするとなると企業の従業員が一気に減ることになってしまいます。

個人的に、私はキャリアアップの為の手段としてだけでなく、転職は自分に合わない職場環境からの逃避手段でもあると思っています。しかし、転職をする事が最近では昔ほど特別なことでは無くなっていることや、第二新卒者の価値が人材不足の傾向を受けて見直されています。

団塊の世代といわれるベビーブーム時代に生まれた人たちが、2007年からは退職する時期に入ります。既卒者とよく比べられることがあるのですが、大学や高校を卒業後、就職をしていない人を既卒者は指すのに対して、就職経験が第二新卒はある事に差があります。

ただ、ひとつ懸念すべきなのは、転職をしないで第二新卒になってもフリーターやニートになってしまう人が少なからずいるということです。第二新卒者の転職にその様な背景も好影響を与えています。

職場環境の荒廃が最近は広がっているようで、ストレスが堪り精神的にダウンしてしまう人も少なくありません。新卒から就職して3年以内に離職した人のことを第二新卒とは指します。

第二新卒の様な早期離職者は、これまで「根気のない人」「継続力のない人」の様にイメージがマイナス面で強く転職時に不利に働くことがよくありました。


関連記事


おすすめ記事